NICE MUSIC NOW! / nice music

'94年発売

前シングルの時に制作した3曲(LITTLE CHANSON DOLL、今は雪の中、不思議な気持ち)はあるものの、1stでそれまでのストックをほとんど使い果たしたナイス二人は、このアルバム用に新曲をたくさん用意しなければならなかった。とはいえデビューしたての新人にはゆっくり制作出来る余裕もなく、とりあえず楽曲の頭数が揃ったところで歌詞も出来ていないままレコーディングに突入した。ただでさえ歌詞を書くのが苦手だったうえに時間の余裕もなく、レコーディングに向かう車の中で半ベソ状態で歌詞を書いていたのを覚えている。サウンドはそれまでのシンセっぽいオケから生楽器系に移行。というのも、1stを出したあと、いろいろなところで「テクノポップ」と呼ばれたことに嫌気がさしたから。別にテクノポップは好きだし今となってみればどうでもいいようなことなんだけど、その当時は「打ち込み」というだけで敬遠する人も多く、そんな人たちにもちゃんと聴いてもらいたいと思った。あとは当時の気分っていうのもあるけど。ピコピコが減った分音源をアンプ出しでヘンなマイキングで録ったり、歌をダミーヘッドで録ったりと、地味に凝っている。自分に余裕がなかったせいもあって反省の方が多く残るアルバムだけど「自転車」のイントロはなかなか良くできたと思う。
(佐藤清喜)