ACROSS THE UNIVERSE / nice music

'94年発売 3rdアルバム

「astronature」完成後、すぐに取りかかったのがこの3rdアルバム。このころの僕達は初心に戻るというか、デビュー以前に構想していたものをちゃんと形にしたいと思っていた。それは簡単に言うと「レトロフューチャー」的な未来感を持った音楽といったものだったが、デビュー以前の「パノラマ」のデモなどはまさにそんな感じだった。という訳でそんなコンセプトアルバムの制作が始まった。曲を作っていくうちに自然と「未来的な曲」といった感じから「普遍的な曲」という風に変わっていったが、それはとても自然なことだった。テルミンなどはその思い描いていた世界にぴったりの楽器だったが、楽音として演奏するには難しすぎてエフェクト的な使用にとどまってしまったのがちょっと残念(今だったらもうちょっとマシに出来たと思うけど)。駒沢さんのペダルスチールの音は清水がデビュー前に作った「静かの海」にぴったりだった。また、前アルバム同様時間の余裕はなく、スタジオでエンジニア土井さんがミックスダウンしている最中にその横のブースで次にトラックダウンする曲の打ち込み直しをやっていたりして、まさにベルトコンベアの流れ作業のようだった。そして「ジャケットはどうする?」と聞かれ、ダメモトで「小松崎さんに頼みたい」って言ったらなんと引き受けてくれた。こうして代表作「ACROSS THE UNIVERSE」は完成した。
(佐藤清喜)